結婚相談所の入会資格と提出資料のまとめ

MENU

結婚相談所の入会資格と提出資料のまとめ

 

結婚相談所の入会資格はどんな人なのか?
提出しなきゃいけないもの、
準備すべきものについてまとめました。

 

というのも婚活チャーロックは
一部不備があって
2度手間になったことがあったので、
それもあって…です。

 

わたしが自営業というのも
特殊な理由ではあったんですけどね。


必要な資格と提出資料

結婚相談所の入会資格と提出資料のまとめ

入会資格のまとめ

現在、未入籍で20歳以上であること
初婚、再婚は問わない
社会人としてのマナーがある人
しっかりとした収入があること(特に男性)
現実離れした相手を求めていないこと
結婚相手の人物像がある程度できていること
必ずしも、すぐに良い結果が出ないこともあると理解があること

必要な提出資料まとめ

所定の入会申込用紙記入と、捺印を押した同意書の提出
独身証明書(3ヶ月以内発行もの)(市町村区役所で発行)
住民票(3ヶ月以内発行もの)
在籍・収入証明書
写真1枚~3枚(相談所撮影もできる)
卒業証明書(同窓会通知みたいなものを見せるだけでも良い)

 

 

独身証明書をお願いしますと
区役所にお願いしに行った時は
とっても恥ずかしかったわ。

 

あの時は、顔真っ赤だったと思う。


 

 

自営業・個人事業主となると
収支を証明するものは、ちょっと面倒です。

 

所得を証明する証明書もだけど
「納税」をきちんとしている証明もないと
入会できないんですよね。

 

サラリーマンであれば、このあたりの証明は
楽なんですけど、自営業みたいな人だと
ちょっと大変です。覚えておいてくださいね。


 

独身証明書について

住んでいる市町村区役所で発行してもらえます。
こんなものがあるなんて、
結婚相談所を利用する関係で初めて知りました。

 

写真について

結婚相談所に載せるプロフィール用の写真は
相談所で無料で撮影してもらえるところが多いです。

 

実際問題、相談所で撮ってもらった方が
クオリティが高くなるので、プロフィール用の写真まで用意する必要はありません。

 

卒業証明書について

卒業を証明できるものがあればそれで良いです。
卒業アルバムがある、同窓会通知書が来ている
そういったものを見せるだけで大丈夫です。

 

大学が遠い人は、証明書を取りに行くだけでも
すごく大変ですからね。

 

収支を証明するもの

特に自営業、個人事業主は
売上でなく「所得」の内訳もわかるような資料を用意。
納税までしていることを証明するものも用意する必要があります。

 

 

 

入会資格の方で、相手のある程度の
人物像をはっきりしておくことというものがありますが、

 

これは、事前の無料カウンセリングで
仮になかったとしても、話しながら相手の人物像が
見えてくることがあるので、事前に「こんな人!」と
明確なものがなかったとしても、大丈夫です。

 

すぐに利用する予定がない人も
こんなものが必要なんだー程度に思えてもらえたのなら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活