成婚に導く二と五の法則に沿って交際が婚活の賢いやり方

MENU

成婚に導く「二と五の法則」

 

成婚まで効率よく進むためには、
交際を「二と五の法則」に沿って
婚活をやると良いです。というより、

 

結婚を前提とした交際の場合は、
この法則に沿って活動すると
グダグダにならないので良いですよ。

 

ちなみに、今回の話は
結婚相談所で私が仲人さんに
交際のやり方で悩んでた際に
相談して教えてもらった交際方法になります。


「二と五の法則」の具体的な内容

二:2回会って正式に交際するかを決める
五:5回交際して婚約を決める

 

成婚に導く二と五の法則に沿って交際が婚活の賢いやり方

 

シンプルだけど、結婚を前提とした交際って
この法則に従って活動するとうまくいきます。
前に、婚活チャーロックも悩みがあったのですが…

 

 

交際ってはじめの方が
うまくいくんですけど

 

結婚に踏み切るタイミングが
何回目くらいでやればいいのか
ようわからなくなってしまったんですけど

 

成婚のために、
どんな形で交際やっていくといいでしょうか?

 

※チャーロックがまだ
結婚していないときにやった相談内容


 

 

よく会員さんでやりがちなのが
長く交際を引っ張ってしまうことですね。

 

決断できない人は
ほんとうに終わりがないような
交際をし続けてしまって
破局してしまう人もいます。

 

お互いに結婚を前提にしているから
ある程度の回数でスパッと
結婚に踏み切るべきです。

 

※当時お世話になった
とある相談所の仲人さん


 

 

なるほどですね。

 

ちなみに、何回目くらいで
プロポーズをしたほうがいいでしょうか?
参考までに教えてもらえると嬉しいです。


 

 

2回会って、正式に交際するかを決めて
5回の交際で婚約するかを決めましょう。

 

最初の2回はそれこそ
2,3時間くらいの
お茶、お食事でお話して交際するかを決めて

 

5回の交際ではしっかりと
濃いデートをすることです。

 

この5回の中では結婚のことを
普通に話してもらってかまいません。
むしろ、結婚を前提にお付き合いしているのですから
結婚の話題にも触れつつ、5回の真剣な
交際で婚約を決めるつもりで頑張りましょう。

 

人によっては、3回目くらいで
告白される方もいますけどね。


 

二:2回会って正式に交際するかを決める
五:5回交際して婚約を決める

 

交際から結婚にシフトするための回数として
頭に入れて活動していくと心構えができますので
頭に入れて交際していくといいですよ。

 

5回の真剣な交際で「婚約」すべきかの判断基準

 

これは私も受け売りなんですけど、

 

結婚相手としてふさわしいかの
決め手として「6個以上、相手の良いところ」が
見えたら、結婚に踏み切るとするといいですよ。

 

私もこの考えで結婚に踏み切りました。


 

6個以上の良い所が、交際中に見えた
結婚していい基準を満たしていると思っていいです。

年収がいくらとか条件面はクリアしている前提

 

逆に5回の真剣な交際で
相手の良いところが5つ以下だったとしたら
それ以上引っ張っても、うまくいく可能性が低いので
交際を中止して、次にいくというスタイルになります。

 

この「二と五の法則」は、
決断力とスピードを付ける上で
とてもよい考え方になります。

 

また、このやり方で結婚した人の
離婚の可能性は極めて低いという話もでているので
そういう意味でも「二と五の法則」で活動するといいでしょう。
参考までにでした。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活