結婚を前提にした交際では、空気の読みすぎは逆効果

MENU

結婚を前提にした交際では、空気の読みすぎは逆効果

 

結婚を前提にした
婚活における交際では、

 

空気の読みすぎをしちゃうと
逆効果になる可能性があります。

 

婚活では、結婚を前提に
付き合っていることを
忘れてはダメなのです。

 

だから、交際中に結婚の話題を
空気を読んで避け続けたら
破綻する可能性が高いので注意してくださいね。


何度も交際しているのに「結婚」の話題が出なかったら要注意

結婚を前提にした交際では、空気の読みすぎは逆効果

 

私も、とある結婚相談所のコンシェルジュさんに
注意されたネタになるんですけど、

 

けっこう結婚ってなんだかなんだで
重い話になるから、まだ彼女との関係が
しっかりできていないうちに、結婚の話をすると
失礼になるんじゃないかなと、考えてしまってました。

 

結果として、交際では
結婚のこととは関係のないような
当たり障りのない会話をして終わりなんてことを繰り返してたんですよね。

 

そして、ある日
コンシェルジュさんを通じて
「いま交際中のNさんが正式に別れたいと相談が来たのですが…」と話を受けて

 

結果として、その交際は終わったんですけど
別れの原因に「結婚を本気で考えているのか見えなかった」というものが
要因としてありました。

 

 

変に結婚の話題が
その人との結婚の強要になって
失礼にならないかなという空気を読んでたつもりが

 

空気の読み過ぎで
結婚の意思がない人のように
思われて別れの原因になったってことです。

 

婚活、結婚を前提にした交際なんだから
結婚後はどうなりたいかみたいな話とか
普通にやるべきだったと痛感した話になります。


 

 

確かに、半年くらい
交際して、結婚の話題が
全くでなかったらじれったいし
結婚する意志あるのかなという気持ちもわかるわ。

 

というか、私がチャーロックと
交際していたときは、

 

結婚後の生活のこととか
ズバズバ聞いてたから
それも意外と良かったのかもね。


 

結婚意思があるのかストレートに聞くのも手

女性の場合も同様に、結婚後のことを
どう考えているのか気になるけど、聞いたら失礼になるのじゃないかと
萎縮するケースが多いのですが、

 

ずばっと結婚のことをどう考えているか
聞いてしまったほうが、意外と交際がうまくいく可能性が高いです。

 

ああでもない、こうでもないと
自分の中で妄想を繰り広げると心身にも悪いですしね^^;

 

結婚して、1つの家族を作るということは
まっすぐに向き合って話し合うということは必要不可欠になります。

 

これができないと、仮に結婚できたとしても
結婚したあとの生活がうまくいかない可能性があるのです。
交際はそのための準備期間のようなものですね。

 

時には、ストレートに気持ちをぶつけるということをしないと
すれ違いが起きて、破局となり、また次の人を探すというループに入ってしまいます。

 

すれ違いによる破局の場合
お互いのコミュニケーションが不足しているとしたら
何度お見合いをしても、失敗します。

 

それよりも、数少ないチャンスを
しっかりとモノにするために、結婚の事をどう思っているか?
どういう結婚生活を考えているかなどを
ストレートに聞いて真剣に向き合うことを時としてやったほうがいいです。

 

結婚のことを聞くと失礼じゃないかなと
空気を読むことを考えるのは、最初の1,2回のデートまででいいです。

 

3回目くらいからは、結婚の話題も振りながら意見交換をしつつ
親睦を深めていきましょう!

 

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活