LINE・メールで返事が来ない人は返信の仕方にミスがある!

MENU

LINE・メールで返事が来ない人は返信の仕方にミスがある!

 

LINE・メールで返事が
来ない人は
返信の仕方にミスがあります。

 

返信が来ないのは、
アナタのLINEやメールでの
メッセージの内容が問題なのです。

 

これは、男性と女性、
両方に言える共通の問題になります。


恋愛のスタートは返事の文章にアリ!

 

チャーロックさん
ネットの出会いが怖いから
分け合って出会うまでは

 

顔を隠して
活動しているのだが、
返事が来ないのだよ。

 

厳密には、
最初の数通やりとりしたら
音信不通だらけでなぁ。


 

 

え、まぁ
そのケースで言えば、

 

顔出しして
清潔感ある人柄を
出すことができれば、
ぜんぜん反応変わると思うけど、
顔写真だしたら?


 

 

わかりました。


 

 

後は、
ちょっと事例を出してもらわないと
なんとも言い難いねぇ。

 

試しにどんなやりとりだったか
教えてもらう事ってできる?


 

 

わかりました。


 

 

今のこのちょっとのやり取りで
もう一つの理由が見えたわ。

 

最初の「わかりました。」
最後の「わかりました。」

 

どういう気持ちで
その発言をしました?


 

 

最初の「わかりました。」は、

 

ちょっと納得いってないけど
言い分は分かりました的な
感情が入ってました。

 

最後の「わかりました。」は、

 

確かに一理あると思って
前向きに思っての発言です。


 

 

ライダーさんの
受け答えがミスっているね。

 

全体的に
受け答えの返事が
冷たい感じに見えるんだよ。
それが反応がすぐなくなる原因だね。


 

  • 「わかりました。」
  • 「いいよ。」
  • 「そうだね。」
  • 「まぁね。」

 

対面で使う「話し言葉」ですが、
これって「良い意味」と「悪い意味」の両方で受け取れる言葉です。

 

対面だと表情がわかるので
今、好意的に返事してくれた、
ちょっと好意的じゃなかったなど、すぐにわかって修正できるのですが、

 

メッセージ文章だと、感情が基本的に
そぎ落とされるので、人は基本的に「ネガティブ」に受け取りやすい傾向にあるのです。

 

こういうのが、「怒らせたのかな?」とか
相手の不安を煽ってしまう事にもなるのです。

愛想あるメールになるよう「感情」を盛ろう!

LINE・メールで返事が来ない人は返信の仕方にミスがある!

 

電話や対面の会話ができれば、
声のトーン、表情などでコミュニケーションが取れるのですが
文章には、必要以上に意識して感情を入れないと相手に正しく伝わりません。

 

「わかりました」という言葉1つでも
しぶしぶ返事したのか、心から良い感情で
返事してくれたのか、分からないのです。
どういうことを意識したらいいかというと、テクニックとしては…

 

スタンプと顔文字を多用する

  • わかったー♪(≧▽≦)
  • わかった(;´・ω・)

 

一言返事をやったらダメということでありません。
こんな感じで、顔文字の表情を伝えたり
スタンプでインパクトを与えたりするなど、

 

この顔文字や、スタンプなどで
表情の情報を与えるだけで、
相手に安心感をもたらすことができます。

 

男性も女性も、モテる人は
このあたりは普通に巧みにつかうテクニックの1つです。

 

文章でわかりやすく感情も補足する

男性によっては、
顔文字とかスタンプに抵抗がある人も
いるかもしれませんが、そういう場合は

 

きちんと、感情的なところまで
メッセージでいれるようにしましょう。
「わかった」という言葉1つだったとしても、

 

  • 「上機嫌で受け取ったよ」
  • 「うーん、ちょっと厳しいけどわかった」

 

簡単に返事する癖をみんな持っていますが、
そこにひと手間、感情的な情報を加えることが
異性にモテるメールになるかの分かれ目になるのです。

基本は相手を「誤解させず」、喜ばせる事を意識

基本的に、男性も女性も
悩みの多くの一つに「怒らせて返事が来なくなったのかな?」と
誤解を抱くケースが非常に多いです。

 

逆に言えば、怒ったつもりはないのに
相手はアナタのお返事は怒っているっぽいと
思わせてしまっている可能性は高いのです。

 

丁寧に相手に情報を伝える意識を
常に持ってやりとりすることが大事になってきます。

 

でも、長すぎると今度は
相手が飛ばし読みしちゃうから、それもダメという話になります。

 

  • 短くハショリ過ぎてもダメ
  • 長く説明し過ぎてもダメ

 

基本的に、恋人や結婚相手を探しているということは
相手に対して「好意的であることは、前提としてある」はずですし、
プラスに受け止めてもらえる努力は必要になります。

 

 

誤解で言えば、

 

私の場合
「約束の時間に間に合う?」という
メッセージが来ると

 

いつも遅刻を
疑われているんじゃないかという
気分になるんですが、
これも誤解系になるんですかね。


 

 

あー、あるある。
よくある誤解パターンの1つだわ。

 

大多数の人は
こういう言葉を出すときに

 

「あなたの事を心配している優しさ」の
感情を持って言っている事が多いです。

 

しかしながら、
受け取り手からしたら、

 

遅刻を疑われて
ネガティブな受け取り方を全員しがちね。

 

言った側と言われた側で
対面だとこんなすれ違いは起きないのですが、

 

文章だけだと
本当に、こういった誤解は多いから
喋るとき以上に、配慮の気持ちが大事になるかな。


日頃から、「相手に与える」、「喜ばせる」の
姿勢で接していたら、多少の誤解も好意的に
受け取るようにはなってきますが、

 

出会いの段階で、最初のうちは
どうしても、相手の顔が見えない分、
不安でネガティブな受け取り方をされがちな傾向にあるので、

 

話し言葉をそのままの形で多用せず
愛想を持たせて、

 

  • 絵文字
  • 顔文字
  • スタンプ
  • マーク、記号

 

これを意識して足すなどして
感情表面も出す伝え方を日ごろのやりとりで
必ずやるようにしてください。男性も女性も両方いっしょです。

 

それが恋人ができ、結婚につながる
メール上達の一歩になりますから♪

 

少しでも参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活