データマッチング型の婚活の特徴をチャーロックが徹底解説

MENU

データマッチング型

データマッチング型の婚活サービスを徹底解説!

 

 

データマッチング型というのが
一般的に結婚情報サービスとして
イメージされているポピュラーな型と思っていいだろう。

 

新聞なんかにも
大きく企業の広告が出たりするから
知っている婚活をしていない人でも
聞いたことがあるマッチング業者もあるかもしれないな。

 

それでは、データマッチング型の
詳しい解説をしていこう。


データマッチング型の特徴

会員数が全国で数万人規模の会員がいる
いろんなタイプの人が集まるので効率よく相手を探せる
成婚できても、成婚料を取られない

データマッチング型の強み

データマッチング型の特徴として
自分にマッチした相手を膨大な
会員の中から探せるというのが特徴です。

 

だから、効率よく自分の好みやタイプの情報から
検索して効率よく相手を探すことができます。

 

 

チャーロックさん
データマッチング型について
相談です。

 

結婚したい人がたくさん集まるということで
データマッチング型に参加しようと
思っているんですけど、

 

積極的にたくさんの会員から
探すということが大変に私は感じています。
そういう場合は、データマッチングタイプは
避けたほうがいいのでしょうか?


 

 

探すのが大変という人にも
データマッチング型は、対応しているよ。

 

データマッチング業者の方から
逆提案ということで
毎月、何名かの単位だけど
あなたにマッチしそうな人を
提案してくれるようになっている。

 

でも、ある程度積極的に探すつもりがないならば
別の仲人型を利用する方がいいかもしれないね。


 

データマッチング型のデメリット

結婚相談・仲人サービス系と違って
婚活のアドバイサーが必ずつくとは限りません。

 

また、アドバイサー的なものがあったとしても
別料金として独立していることが多いです。

 

データマッチング型が優れているのは
機械的、機能的な部分です。
そこの特性があることは、知った上で利用するようにしましょう。

効率よく探す努力ができれば、成婚も狙える

自分の中で理想とする相手の像が
明確になっているならば、データマッチング型はオススメです。
逆に、どんな人が自分とあっているのかわからない人は
仲人型など相談ができるサービスを利用するのが良いでしょう。

 

データマッチングは、趣味、相性、相手に求めるものを
機械的に探して相手を見つけるものですが、

 

データマッチングのメリットは、実際にコミュニケーションをとる時に
趣味や趣向がマッチしている人とコンタクトがとれるので
そのまま、恋仲になって結婚までいけることが要因として大きいですが
自分で積極的に行動を起こすことだけは必須になります。

 

とにかく会員数が多いので
そこから自分と相性の良い人を探していく上で
データマッチング型は本当に相性がいいので
この特徴を活かせそうと思ったら、データマッチング型はアリでしょう。