オーネットとツヴァイの比較!おすすめはどっちが良い?

MENU

楽天オーネットとツヴァイの比較!おすすめはどっちが良い?

 

楽天オーネットとツヴァイで
どっちに入会すると結婚できそうなのか、
迷っている人向けに比較情報ということで
まとめました。

 

基本的に仕組みとしては
ほぼ似ているからこそ迷うわけですが
どちらが良いのかを解説します。


楽天オーネットとツヴァイの各種比較

会員に関する情報比較

  楽天オーネット ツヴァイ
会員数

40,558人
(2014年7月時点)

35,594人
(2014年2月時点)

成婚者数

4,660人
(2013年実績)

3,087人
(2009年実績)

会員期間 1年 1年

2010年頃までは、会員数の人数にも
大きな違いはなかったんですが、2014年に差し掛かる頃には
知名度もあるのでしょうが、楽天オーネットの方が会員数を伸ばしています。

 

楽天オーネットの方が、2013年の新規入会者が
18,456人という勢いで参加されてて
新しくより多くの人と出会える可能性を望むならば
楽天オーネットに軍配があがります。

 

また、成婚者数であったり新規参加人数などの
更新も楽天オーネットの方が頻度が高いのでより今に近いデータで
判断できるのも魅力の1つです。

 

サービス内容の比較

楽天オーネット ツヴァイ
プラン・コース プレミアムプラン スタートアッププラン
データマッチング
引き合わせ 追加料金で可 追加料金で可
写真・プロフィール検索 制限アリで可
イベント・パーティ 参加費が必要 参加費が必要
担当について いる いる

ほぼ条件は一緒なのですが、
気になる違いがあるとしたら、ツヴァイの場合は
個人情報保護の部分を強く出しているので
自宅から、会員さんの写真検索ができません。

 

ツヴァイは、支社にいけばできるんですけどね。

 

楽天オーネットの場合は、
お互いの合意がとれて、ふたりでやり取りする
掲示板が立ち上がった時に写真が見れる仕様になっています。

 

料金から見た比較

楽天オーネット ツヴァイ
活動費用総額 272,800円 237,200円
成婚料 0円 0円
休止期間中の費用 500円 1500円
年間申し込み可能人数 198人 156人

年間申し込み可能人数についてですが、
紹介書によるの紹介人数・会員誌でのお申込人数・会員専用Web版お申込人数・写真付会員検索のお申込人数を合わせた人数になります。イベントやパーティーによる活動を積極的に行えばもっと会える人数は増える形になります。

 

料金で見ると、楽天オーネットの方が確かに高いですけど
会員数が基本多いし、年間の申し込み可能人数も多いし
それなりに良い部分があっての値段なので、
値段だけで判断するのはナンセンスになります。

 

最終的には、ご自身の活動エリアの条件希望者が多いか否か?

首都圏や、関西など
大きな都心であれば、楽天オーネットのほうが
基本的に会員数が多いのでそれだけ
条件を満たす人が多い可能性がありますが、

 

ご自身が活動するエリアによっては
ツヴァイの方が優れているということはありえます。
特に条件には大きな違いはありません。

 

なので、結婚チャンステストや
資料請求をしてみて、どちらがよさそうかを
ご自身で最終的に判断するといいでしょう。

 

ちなみに、私は2つを比較して
どっちに決めるかと言われたら
楽天オーネットになります。
実際に楽天オーネットで活動してましたしね^^
参考までにです。

 

オーネットとツヴァイの比較!おすすめはどっちが良い?

楽天オーネット

業界最大級会員数の結婚サービス業者。たくさんの会員の中から、自分の理想とする人が明確になっている人は、データマッチング形式で探せる上に婚活のイベントなども充実している老舗で利用者も多いのが特徴。自分の理想、出会いの可能性の幅を求めているならば、楽天オーネットで活動を検討するは全然アリです。

楽天オーネットの無料チャンステスト診断はコチラオーネットとツヴァイの比較!おすすめはどっちが良い?

 

オーネットとツヴァイの比較!おすすめはどっちが良い?

ツヴァイ

会員数が約3万2千人と他の大手婚活サイトと引けを取らない数を誇る。イオングループが経営しているので、ブランドという意味でも、安心感があるし、実際に成婚している人も多く老舗相談所の1つとして君臨しています。

ツヴァイの恋愛診断はコチラオーネットとツヴァイの比較!おすすめはどっちが良い? 

両方とも、先に診断テストを行った後
資料請求をすることで条件に合う希望者がどれくらいいるかを
正しく知ることができるようになっています。

 

診断テストを経由した方が、より正確に求める異性が
どれくらいいるか把握できますので、真剣に答えましょう。