日本で純粋な恋愛結婚は元々から少数だったの!?

MENU

日本での恋愛結婚は昔から少ない

 

昔と違って結婚しづらい時代に
なったと解説してきましたが、
けっこう読んでて勘違いするのが、

 

恋愛して結婚するという工程を経ている人が
少なくなったと認識してしまうことです。

 

実は、わたしも勘違いしていましたが
純粋な恋愛結婚を出来ている人は
昔からそんなに割合は変わってません。


日本人は恋愛が下手な人種なのは昔から変わっていない

日本で純粋な恋愛結婚は元々から少数だったの!?

 

私たちは、恋愛結婚をしたいと願っているわけですけど
実現していないのが、今の現代です。

 

1960年くらいまでは、結婚しなきゃなと思ったくらいに

  • 両親からのお見合いの提案
  • 会社からのお見合いの提案

こういう紹介が、当たり前のようになっていました。
集団お見合いのような状態ですね。

 

昔は、結婚している人が多かったのは
これらの風潮があったからにほかならないのです。
人によっては、「これでも恋愛結婚だ!」という人もいますが人それぞれです。

 

実際問題のところ
結婚は、恋愛を経たものじゃないとダメという
世の中の流れによって、こういう機会はほぼ失われました。

 

日本人の純粋な恋愛結婚は昔から少ない

上記に説明したような結婚の機会がなくなったことで
純粋な恋愛結婚といっても、そういう力があるわけでもないから
結婚したくても、できないという状況が生まれたということです。

 

ただし、いまはこういう状況から回復傾向にあります。

 

インターネットの普及により
恋愛したい、結婚したいという人が集まり
婚活のコンサルタントや業者が登場したことで
「利用して結婚したい!」という人は、結婚できるようになってきています。

 

また、婚活サービスが徐々に浸透し始めてきており
いまでは、テレビでも大々的に企画しているところもありますね。

 

ウッチャン司会者のスクール革命

日本で純粋な恋愛結婚は元々から少数だったの!?
この番組でハピネスツアーということで婚活の特集が組まれました。
たまたま見ていたので、ピックアップしています。

 

ナイナイのお見合い大作戦

日本で純粋な恋愛結婚は元々から少数だったの!?
ネット婚活とは違いますけど、
メディアを通じて、交際相手を見つけるという企画ですね。
こういう企画に参加できる人は限られてはいますけど、

 

場を影響するサービスというもので
徐々に相手を見つけて行けているというのが、いまの流れです。

 

ただし、こういうのに参加するためには
行動力というものが必要不可欠になります。
何もしなかったら、縁もなにもありません。

 

婚活は、意識的にやっていく必要があります。
私たちは、もう結婚はデフォルトになっていないと悟っています。
だからこそ、結婚したい、あるいは結婚できるか不安な人は
今日から意識改革をして行動していきましょう。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活