結婚しなくても良いという風潮で結婚できない状況になった

MENU

結婚しなくても良い風潮に毒されない

 

結婚しなくても良いという風潮が
結婚したくても出来ない原因の1つとなっています。

 

非常に残念なことですが、
こういう風潮に対抗して
結婚したい人は、頑張らないといけません。
これについて解説していきましょう。


依存型の世の中ではなくなった

結婚しなくても良いという風潮で結婚できない状況になった

 

例えば、一昔前であれば女性は主婦として
子供を家庭で支えるという風潮がありました。

 

故に、女性が生きていく上で
ステキな男性と結婚するということが必須だったのです。
ですが、いまは男性も女性も自立して「自由」に活動することできます。

 

逆に、いまでも男性に依存して専業主婦として
結婚して暮らしていきたいと思っている人は
それこそ、婚活に限って言えば通常の人より必死に活動しているわけです。

 

積極的に活動しなければいけません。
そうしなければ、出会いが難しいのです。
現代は、男女とも日中は働いているわけですから。

 

自立型の人は、まだ良いと油断しすぎて結婚できない

意外と、健康な状態で働いていると
このままでも良いと思ってしまうものです。
わたしもそうでした。

 

でも、35歳をすぎて結婚出来ていない人の話を聞くと
健康診断で、身体に何か問題が起きつつある
若い時のように行動できなくなってきたと思ってきたと同時に
老後のこととか、心配になってくるものです。

 

そして、若いうちにもっと婚活・恋愛に時間を割けばよかったと
後悔し始めます。このタイミングだとちょっと遅いです。

 

このサイトを見に来たということは、
少し結婚の心配をしているから来たんだと思いますが
その感覚を1年、2年と放置したら結婚したくてもできなくなります。

 

自分の理想の相手がみつからなかったら結婚しなくてもいい

 

まず、この考えがある人は
理想の基準を明確にしてほしい。

 

わたしが「理想の相手」の基準は何か?
こう何人かに取材をしてみてわかったんだが、

 

実は、「理想」がなんなのか
わかっていない人が多い。

 

だから、理想の相手を見つけても
「理想」と認識できていない悲しい現実がある。
これを覚えておいて欲しい


  • どんな性格の人が良いか?
  • 妥協したくない相手のポイントはどこか?
  • 結婚したあとも、絶対に働きたいのか?否か?
  • 結婚相手の恋愛対象となる年齢の幅
  • 妥協しても良い部分はどこか?
  • 都心で暮らせないと困る e.t.c

 

これがしっかりしていたら、運命の出会いをモノにできます。
理想の相手が、どんな人なのかそもそもわかっていない人が実は多い。
それでは、結婚どころか、出会いすらチャンスをモノにできない可能性があります。

 

一番いけないことは、理想の基準が明確になっていないのに
理想の相手がいないなら、結婚しなくてもいいやという考えです。

 

わたしも最初は、相手に求める基準を明確にするところからはじめました。
すると、的確に婚活できるし相手を探せるのでぜひ参考にしてください。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活