運命の恋人、結婚パートナーを赤い糸で引き寄せる出会いの法則

MENU

運命の恋人、結婚パートナーを引き寄せる出会いの法則

 

運命の恋人、結婚パートナーを
引き寄せる出会いの法則につい
て解説しますね。

 

どういう事を気を付けて
振る舞えばいいのかをお話していきますね。


理想を強く願う事と同時に大切なポイント

 

チャーロックさん
実は相談があります。

 

どうしても来年までに
運命の人と出会って結婚したいんです。

 

まわりが幸せそうに
結婚していく姿を見てて
私もそうなりたいという願望が強く出まして…


 

 

なるほどですね。

 

それについて
恋人の作り方とか
婚活の仕方とか
そういうのを伺いたい感じですか?


 

 

そうではなくて、
運命の赤い糸の記事を見てて

 

どうせだったら
運命の金の糸の人と
結ばれたいなと思ったんです。

 

運命の金の糸の人と
引き合わせてくださいと

 

神社に参拝しようと
早速思っていたのですが
こういうのは良いのですか?


 

 

参拝するほど
熱意があるのは良い事ですね。

 

前提として
自分自身がそれに相応しい人に
なってなければいけません。

 

もし仮に、神社に参拝するなどして
願いを言うのであれば、
願い方は次のようにしてください。


理想の恋人、運命の人と結婚できる人になるため
成長できるようにお導きください。

 

 

運命の人と
めぐり合わせてくださいと
言うのと、どう違うのですか?

 

なんか回りくどい事を
言っているように見えますけど?


 

 

神頼みにしろ、人に頼むにしろ、

 

「ください」だけの
一方的なお願いや要求をしている人って
傍から見て、良いようには見られないですよね?

 

でも、運命の人に
相応しい状態になるように
成長させてくださいと、

 

自分自身の向上心を持っている人は
助けてあげたいと思ったり、
魅力を感じたりするものです。

 

だから、日ごろの生き方という意味でも
自分自身も今より頑張っていきますので
よろしく!的な流れの方が、良いというお話ですね。


理想を強く願うのは大事です。
今回は、参拝にまで行くという熱意のある方の質問でしたが、

 

参拝に行くにしろ、行かないにしろ
こういう考え方で、常日頃過ごさないと
運命の理想のパートナーを引き寄せる事は難しいというお話です。

どの出会いが人生を左右するか分からない

運命の恋人、結婚パートナーを赤い糸で引き寄せる出会いの法則

 

例えばですが、
現在、同棲中の方でこういうキッカケの方がいらっしゃいました。

 

  • バイト先で知り合った
  • 彼は無口で近寄りがたい雰囲気だった
  • まわりのスタッフも疎遠する状態だった
  • 彼女は怖くてアウトオブ眼中だった
  • ある日、控室で一緒になった
  • 控室にコオロギが迷い込んでいた
  • 彼は、コオロギに対し「こんなところにいたら踏まれるぞ?」と優しく外に逃がす姿を見た

 

ほとんどの恋活、婚活を行っている方の
大多数は、ネット上のプロフィールを見るだけだったり
ちょっとした条件でえり好みして、相手を深く見ない人が多いです。

 

もちろん、私もそうでした。

 

ただそういう生き方をしてしまうと
何がキッカケで人生が好転するか
そのチャンスがあっても、気づけないまま終わってしまいます。

 

そうならないための考え方として
次の事を書いて終わらせていただきますね。

 

  • 長い期間をかけて出会うかもしれないという許容を持つ
  • 好き嫌い、損得などの選り好みで人を選ぶ視点を持たない事
  • ご縁を持った人、目の前の人に対して全力で貢献する生き方でいる事
  • どんな出会いも未来に繋がるという考え方で生きる

 

目の前の人、ご縁を頂いた日とに対して
誠心誠意対応する生き方をしていたら、

 

こういう生き方ができたら、ご自身も成長していきますし
そんな人に魅力を感じない人はいないわけですから
当然ながら、良縁を引き寄せることにつながります。

 

全然、興味なかった人に対して
真摯に対応していたら、その人が素晴らしい人を
紹介してくれた何てこともありえます。

 

運命のパートナーと出会いたい人の
心構えとして参考になれば幸いです。

運命の赤い糸は1本じゃない!恋愛や結婚をする場合の注意点

 

運命の赤い糸を感じて
恋愛や結婚をする場合の見つけ方と
注意点をお話をしますね。

 

まず大前提ですが、
運命の赤い糸は1本じゃないのです。
え?と思った方は要チェックです。


 

 

 

 

え?チャーロックさん
運命の赤い糸って
1本じゃないんですか?

 

運命の人が何人もいるって
ちょっと理解できないのですが…


 

 

ココでは、「運命の糸」という
単語にちょっと変換するね。

 

ちょっと冷静に考えてほしいのだけど、

 

バツ1、バツ2を経験して
再婚して幸せになった人は
どうなんだろう?って話です。

 

離婚を経験して
再婚して幸せになったケースですね。


 

 

それって
最初の人が
運命の人じゃなかっただけなんじゃないですか?

 

そして、再婚相手が
運命の人だったってことでしょ?


 

 

結婚を決める決断って
けっこう勇気がいりますし、

 

ほとんどの人は
何かの縁、運命を感じて
結婚をするのです。

 

つまり、バツ1など
離婚を経験した人も
最初の結婚は、何らかの形で
運命を感じたから結婚したのです。

 

つまり、ココから言える事は
「運命の糸」に種類があると言える結論に至りました。

 

どれを選ぶかで
幸せになる、そういうものなのです。

 


 

 

運命の糸に
種類があったんですか?
詳しく教えていただけますか?


運命の糸の種類と解説

運命の恋人、結婚パートナーを赤い糸で引き寄せる出会いの法則

 

運命の赤い糸は、糸の種類の1つであると見立てます。
これから書く事は、チャーロックの主観が大きいお話になりますが、
こう考えるとしっくり来るので、参考にしてみてください。

 

 

 

運命の「金」の糸

この運命の金の糸を目指すべきだと思っています。

  • 結婚したら、幸せが拡大した
  • 結婚してから、夫が出世しまくった
  • 結婚してから、向かうべき夫婦の道、共通の価値観が生まれた
  • 子供ができてから、苦労はあれど人生がとても充実している
  • とにかく良い流れが来るようになった

 

誰もが、こういう人との結婚を望むでしょう。
さてさて、こういう人と結婚したいならば、
アナタはそういう人に振り向いてもらう努力をしていますか?

 

少なくとも、パートナーがいない現在の時点で
それなりの幸せを実感していないといけません。

 

パートナーに幸せにしてもらおうと
考えてしまっている人は、絶対に金の糸の相手とは巡り合えないのです。

 

 

運命の「」の糸
  • 結婚って「こんなものかー」という実感
  • パートナーとそこそこのすれ違いはあるが、問題ない程度
  • 一般的な幸せは感じる

 

真面目に、婚活や恋愛をしていた場合
ほとんどが、ココに落ち着きます。
パッとしないかもしれませんが、幸せってこんなものだよねと
実感できるタイプです。

 

ちなみにですが、今の自分より成長しながら
婚活をしないと、銀の糸以上の相手と結ばれることはありません。

 

 

運命の「赤い」糸
  • お互いに燃えるような恋愛感情が最初はある
  • だいたい3年経って、燃える感情が冷めて運命の人じゃないかもとお互いに思う

 

「運命の赤い糸に拘ってしまっている人」
「燃えるような恋愛感情がないといけないと思っている人」

 

こういう人に陥りがちなのが、このタイプです。
「運命の赤い糸病」の人同士が関係を持つとこうなりやすいです。

 

燃える感情によって、関係が維持されている関係になるので
月日が経ち、3年経つ頃に拗れる可能性が高いのが
この関係になります。もともと、運命の赤い糸に拘りがある人が陥りやすいので注意してくださいね。

 

 

運命の「黒い」糸
  • 年収条件だけで決めた
  • 相手のルックスだけで決めた
  • 過去の約束に執着してて、現実が全然違う状態
  • どっちかのパートナーの意見に妥協して苦しい
  • 剋される人生になってしまった
  • 自身は不幸せだったから、相手に幸せにしてもらおうと思って結婚

 

条件や、ラベルばかりみて
人間性を結婚する前は、軽視してしまった場合に起きる事象です。
こういう形になったら、だいたい離婚するか、結婚して不幸になります。

 

私の婚活サイトの方針としては
こういう状態にならないようにすることが目的ですので
運命の「金」の糸を目指して頑張ってほしいのですが、

 

唯一、良い点をあげるならば、
黒い糸の人と結ばれて離婚した人には、大きな学びが得られます。

 

自分自身が結婚相手に求める事、
方向性が明確になって、次の結婚相手が
それこそ「銀の糸」「金の糸」になる可能性は十分ありえるということです。

婚活で運命の出会いをモノにする考え方

 

今では、ネットの環境を利用して
データマッチング、SNSを通じて
活動の幅が広がりました。

 

一昔前は、ネットの出会いといえば
怪しいと思う人が多かったのですが

 

いまは、ネット婚活の全盛期で
健全な出会いを探すのも当たり前になってきています。
ただ、恋愛・結婚をするかもしれない
運命の人と出会いお近づきになるには
気をつけるべきポイントがあります。


 

 

 

(主に女性の)警戒心を解くところからスタート

男性であれば、積極的にアプローチしてくる人は
サクラなんじゃないかという不安が出るでしょうし、

 

女性であれば、この人は怖い人なんじゃないか?という
警戒心が最初は誰でもあります。

 

わたしも経験がありますが、
メッセージのやりとりを何往復もして盛り上がったとしても
いざ、リアルで会うとなると断られるということも多かったです。

 

 

これは、男性と女性で
ちょっと価値観が違うところかな。

 

メッセージで盛り上がるから
会いたいと思うわけじゃないのよね。

 

たしかにメッセージも大事だけど
会おうと思うかどうかは、
そこだけで判断するものじゃないもの。


 

 

運命の出会いを確実につかむには?

誘い方に特別なテクニックやスキルを
身に付けるという方向性に走ってはいけません。

 

もっとその前の「ターゲットを定める部分」
アナタ自身の「自己開示」の部分がカギになります。

 

  • アナタ自身のスペック(写真を出す)
  • 性格のタイプ
  • どんな趣味をしているか?
  • 普段はどんなことをしているか?
  • 恋愛・婚活に対する意気込みe.t.c.

 

背伸びをしない「素の自分」を出せるかがカギです。
言葉巧みに、自分を過剰アピールしたりすると
それは、相手に伝わります。つまりリアルに誘うためにやっている
行動が、裏目に出ている可能性もありえるということです。

 

ネットにおける第一印象はどこで判断されているのか?

顔も判断基準として見られますけど
文字から推測できる性格が、第一印象で強く見られます。

 

ネットで出会いを求める人の中には
どうしても、遊び目的の人も紛れ込んでいるため
本当に大丈夫な人なのか警戒するものです。

 

とくに、文面で言葉巧みに誘い出すようなことを
一生懸命やっている人ほど、ドツボにハマります。

 

例えばですけど…

 

 

私は、イケメンではないですが、
文学が好きで文章力とかは
割と自信があるんですよ。


 

この3行だけでも、その人の誠実さが伝わりますし
ずっとやり取りをする過程で、文章力に対して
たしかにほかの人と違うというものを相手が悟れたら
「リアルで出会い良い関係」になる可能性は高いです。

 

実際に、会ってみたいけど
知らない人とリアル出会うのが怖いという人は
「相手の車」に乗るみたいな、気をつけることを避ければ
問題ありません。

 

ネットを通じて婚活をやることで
リアルでは出会いにくい地域の人たちとも
つながることができるので、使い方次第では
昔よりも出会いの可能性は高いのです。

 

そういう意味では、婚活でネットを使うというのは
とっても良いツールだと思っています。

 

わたしもネットがなかったら
結婚できていなかったでしょうからね^^;

 

リアルの友人にできることをどれだけ開示できるか?

月並みな結論になりますが
「リアル」と「ネット」でどれだけ乖離しないように
自分を出せるかということがカギです。

 

自分を出すというのは
礼節とマナーありきで「自分を出す」ということです。

 

よく勘違いされるのが、リアルで押さえている
本来の欲望をネットでそのまま出して
これが素の自分ですとしている人がいますが
大前提として、リアルでしないことはネットでもしてはいけません。
自分をよりよく作って見せることも同様です。

 

これができれば、相手からの警戒も解けやすくなります。
どれだけ丁寧に、礼節をもって
その上で、飾らない自分を出せるか?

 

これができれば、運命の出会いをモノにできますので
ぜひ、試行錯誤しながら頑張ってください。

まとめ

結婚することがゴールではありません、
結婚してさらに幸せになってもらうことがスタートなのです。

 

  • 運命の人に振り向いてもらう努力をする
  • 今の状態でも幸せだと胸を張れる人間になる
  • 婚活しながら、コンプレックスを無くすか長所として見立てる
  • 条件だけで人を見ない
  • 情熱的な恋愛に走らない

 

運命の黒い糸の人と結ばれるのは、
正直言って、回り道以外の何者でもありません。

 

どうせならば、運命の「金」の糸の人と
結ばれるように頑張っていきましょう。

 

  • そういう人と結ばれるには、どうしたらいいか?
  • そういう人に振り向いてもらうにはどうしたらいいか?

 

これを考えて、行動に移してみましょう。
ちなみにですが…、

 

だいたい、運命の金の糸の関係の人って
今はパッとしないような相手だったとしても
結婚後に、年収が1000万を超えるとか花開くような形が多いです。

 

理想のお相手の人物像は
人それぞれですから、
アナタが思う理想の相手を強くイメージしてもらえたらOKです^^

 

 

お互いに、「アナタ」がいたから
今の幸せがあるという関係を築けたら
そういう相手は、「運命の金の糸」の人だと言えるのかもしれませんね。

 

 

まだ運命の出会いが果たせていないという人は
ぜひ上の記事もセットでお読みくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

↓よかったら応援ポチをお願いします♪↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 

 

 

おすすめ恋活アプリ おすすめ婚活パーティー おすすめ結婚相談所 おすすめネット婚活